ページトップへ戻る

JSPS研究拠点形成事業「1分子・1粒子レベルの細胞間コミュニケーション解明のための先端研究拠点の確立(略称: iC Cubix3)」

 本プロジェクトは電子科学研究所が中心となり 、ベルギー(ルーヴァン・カトリック大学)・オーストラリア(メルボルン大学)の研究グループと国際協働し、将来的な学術・医療応用につながる細胞間コミュニケーションの解明を目指します。

 日本学術振興会(JSPS)研究拠点形成事業A.先端拠点形成型として 2019年度から5年間のプロジェクトとしてスタートしました。 https://www.jsps.go.jp/j-c2c/jisshichu_a.html

JSPS研究拠点形成事業とは(JSPSホームページより一部抜粋)  我が国において先端的かつ国際的に重要と認められる研究課題、または地域における諸課題解決に資する研究課題について、我が国と世界各国の研究教育拠点機関をつなぐ持続的な協力関係を確立することにより、当該分野において世界的水準または地域における中核的な研究交流拠点の構築とともに、次世代の中核を担う若手研究者の育成を目的とする事業です。

各国グループ代表者

日本: 北海道大学電子科学研究所

教授 雲林院 宏 ウェブページ

教員・職員写真

ベルギー: ルーヴァン・カトリック大学

教授 ヨハン・ホプキンス ウェブページ

photo

オーストラリア: メルボルン大学

教授 ポール・マルヴァニ ウェブページ

主な活動状況

2019. 4; プロジェクト開始

2019. 7; キックオフミーティング開催(@ルーヴァン・カトリック大学)

2019. 10; 3か国 合同シンポジウム(The 1st Australia-Belgium-Japan joint symposium on excitonics and cellular communincation)開催(@メルボルン大学)

2020. 7; 3か国 合同オンラインミーティング(The 2nd Australia-Belgium-Japan joint symposium on excitonics and cellular communincation)開催 (@ Zoom)

2020. 12; 北海道大学電子科学研究所主催 The RIES-HOKUDAI International Symposiumにて、 Paul Mulvaney教授(メルボルン大学)、Susana Rocha博士(ルーヴァン・カトリック大学)が講演

2021. 3; 3か国 合同オンラインシンポジウム(The 3rd Australia-Belgium-Japan joint symposium on excitonics and cellular communincation)開催 (@ Zoom) ※サテライトワークショップも 同時開催



Last update: 2021/3/31

TOPへもどる