ページトップへ戻る
News & Events

第64回北大MMCセミナー

掲載日:
講演会
開催日:
日時 2017年2月1日(水)16:30 – 18:00 ※通常と曜日が異なります。
場所 電子科学研究所 中央キャンパス総合研究棟2号館 5F北側講義室(北12条西7丁目)
講演者 永井 健 (Ken Nagai)
所属等 北陸先端大学 (Japan Advanced Institute of Science and Technology)
タイトル 円軌道を描く自走粒子の集団運動
概要
自走粒子の集団運動の普遍クラスがあると考えられており、Vicsekモデルなど現象論的な少変数の数理モデルが盛んに解析されている。抗生物質で引き伸ばされた大腸菌の集団運動などそれらの数理モデルとよく一致する実験系もいくつか見出されている(D. Nishiguchi, et al. arXiv:1604.04247)。
今回は2次元平面で円軌道を見せる自走粒子の集団運動に注目し、モータータンパクに駆動される微小管(Y. Sumino, et al., Nature (2012))、ガラス上の線虫、寒天上のシアノバクテリアの集団運動を解析した。これらの自走粒子は孤立している時に円軌道を描くことがわかっている。観察の結果、どの系でも数密度を上げると渦状の構造を作ることがわかった。Vicsekモデルを元にした少変数のモデルを用いて実験結果を解析し、異なる3つ系で見られた集団運動が共通の数理モデルでよく再現されることがわかった(Ken H. Nagai et al. PRL (2015))。
主催 附属社会創造数学センター
連絡先 北海道大学電子科学研究所 附属社会創造数学研究センター 人間数理研究分野
長山 雅晴
内線: 3357 nagayama@es.hokudai.ac.jp
TOPへもどる