ページトップへ戻る
News & Events

第82回北大MMCセミナー

掲載日:
講演会
開催日:
日時 2018年4月26日(木) 16:30 – 18:00
場所 電子科学研究所 中央キャンパス総合研究棟2号館 5F北側講義室(北12条西7丁目)
講演者
梶田真司
Masashi Kajita
所属等
東京大学生産技術研究所
Tokyo University
タイトル
化学反応の非線形応答性から捉える免疫T細胞の抗原識別
Immune T cell ligand discrimination from a viewpoint of nonlinear response of chemical reaction networks
概要

細胞は環境中の分子濃度を検知し情報処理することで、化学走化性、分化、アポトーシスなどの意思決定を行う。これまで細胞の意思決定システムとしては、分子濃度に情報がコードされており、その分子濃度に対して非線形応答することで意思決定を行う現象が注目されてきた。その結果、分子濃度に対して非線形応答する反応ネットワークやその数理的メカニズムについては、実験的にも理論的にも解明が進んでいる。一方、環境中には情報をコードする標的分子に類似した非標的分子も存在しうる。もし細胞が非標的分子を標的分子と誤認識した場合、細胞は環境に対して適切に応答できない。実際の細胞の意思決定現象としては、分子濃度だけでなく分子種に情報がコードされている状況を扱うのが自然であるが、分子濃度に対する細胞の意思決定メカニズムに比べて分子種に対する細胞の意思決定メカニズムの理解は十分でない。本発表では分子種に対する細胞の意思決定モデルとして、発表者が提案した類似分子間の差(親和性)に非線形応答する化学反応ネットワークモデルを紹介する[M.K.Kajita, et al. PRE (2017)]。このモデルによって、これまで説明が困難であった免疫T細胞の抗原分子識別にみられる複数の特性を再現できることを示す。

主催 附属社会創造数学センター
連絡先 北海道大学電子科学研究所 附属社会創造数学研究センター 人間数理研究分野
長山 雅晴
内線: 3357 nagayama@es.hokudai.ac.jp
その他 北大MMCセミナー
TOPへもどる