ページトップへ戻る
研究内容

最近の研究成果

  • 薄膜機能材料研究分野
    実用的な熱電材料の単結晶化に成功 —毒性元素を使わない熱電変換の実現に向けて大きく前進—
  • 知能数理研究分野
    線虫は静電気力を利用して空中を飛ぶ —小さな虫は帯電している昆虫や鳥に飛び乗り、世界中に広がりうることを発見—
  • 光電子ナノ材料研究分野
    温度・圧力・電圧の同時制御が可能な新規合成手法の開発 —高圧拡散制御法を用いた準安定物質の合成—
  • 薄膜機能材料研究分野
    熱伝導率を制御するトランジスタ、実用化へ王手 —熱の伝わり方を電気スイッチで切り替える技術に向けた大きな前進—
  • 光電子ナノ材料研究分野
    高濃度なイオン導入がもたらす1次元繊維状物質の機能開拓に新展開 — 1次元状態を保持したアモルファス構造(擬アモルファス)の発見—
  • 薄膜機能材料研究分野
    超高解像度テレビ用材料の高い電子移動度の起源を解明 —100cm2/Vsを超える超高移動度の透明酸化物薄膜トランジスタ実現に向けた大きな前進—
  • コヒーレント光研究分野
    分子サイズの世界を明るく照らす超高強度X線集光ビームをX線フラッシュ顕微鏡に応用 —SACLAにおいて世界最高分解能の2ナノメートルを達成—
  • コヒーレント光研究分野
    溶液中ナノ粒子を3次元観察できるデータ処理手法 —X線レーザーを用いた生体内に近い環境での構造観察に期待—
  • 薄膜機能材料研究分野
    高温・空気中で安定した性能を示す実用的な熱電変換材料を発見 —再現性良く実用レベルの高性能を示す酸化物熱電材料—
  • 知能数理研究分野
    人類の都市文明の立地と発展に粘菌からヒント — 現実の地形にあわせた、街と道の千年紀シミュレーション —
  • 人間数理研究分野
    マイマイガ用ライトトラップの開発に成功 —休憩施設への飛来虫防止に期待—
  • 人間数理研究分野
    匂いを感じられないゴキブリ? — ゴキブリが匂いを感じる仕組みを解明し、匂いを感じられないゴキブリを作成 —
  • コヒーレント光研究分野
    全固体電池材料の真の姿をX線レーザーで観察 — 乳がんのX線画像の新規解析法を発展させ,固体電解質の“海島構造”を鮮明化 —
  • データ数理研究分野
    細胞などの要素間相互作用の関係性をデータ駆動的に解明 — データ科学的に困難であった要素間の主従関係を同定する有力な手法として期待 —
  • 光電子ナノ材料研究分野
    シリコン(Si)の同素体開発に新たな進展 — 太陽光発電やイオン電池等,籠状のシリコン同素体の特性を利用した応用開発に期待 —
  • 生体分子デバイス研究分野
    機械学習の停滞に関する新たなメカニズムを解明 —入力データゆらぎに誘導される停滞現象の発見により効率の良い機械学習系の構成へ期待—
  • 薄膜機能材料研究分野
    電気スイッチ一つで絶縁体を高温超伝導体に! — 電解液を使わない全固体超伝導素子の開発に大きな前進 —
  • エキゾティック反応場研究分野
    対称なナノ構造に生じるキラルな光の発現原理を解明 — 最先端の光電子顕微鏡を用いて生命の起源の謎に迫る! —
  • ナノ構造物性研究分野
    カイラルアノマリー公式の拡張 — Type-IIワイル半金属への適用に成功 —
  • 分子フォトニクス研究分野
    ミトコンドリアを狙い撃ちする癌光治療法の開発に成功 — 副作用の少ない癌治療を,ミトコンドリアに薬を運ぶ技術開発で! —
  • 人間数理研究分野
    皮膚疾患の病態再現を目指した表皮モデルを計算機上に構築 — 数理モデリングを用いた新しい皮膚疾患治療方法への応用に期待 —
  • 人間数理研究分野
    人間の触錯覚のメカニズムを数理皮膚科学によって解明 — 世界で初めて「魚骨触錯覚の消失現象」を発見,技術開発応用への期待 —
  • 薄膜機能材料研究分野
    常識を覆す!多結晶よりも熱が伝わりにくい単結晶を発見 — 低熱伝導材料を設計するための指針 —
  • 人間数理研究分野
    脚を失った昆虫は 歩行中の筋収縮リズムを変えて適応する! — 脚からの感覚フィードバックが脚間協調運動の鍵 —
  • 知能数理研究分野
    SARS-Cov-2 感染者数漸近予測の不確実性を解明 — 感染予測のためには慎重なモデル解析が必要 —
TOPへもどる