ページトップへ戻る
研究内容

最近の研究成果

  • 光電子ナノ材料研究分野
    電圧により磁気キャパシタンス効果が増大する新現象を発見 — 次世代超高感度磁気センサーとして期待 —
  • “短い周期の体内時計”を生む新たな脳領域を特定 — ウルトラディアンリズムの発生源を解明 —
  • グリーンフォトニクス研究分野
    ナノ空間に閉じ込めた可視光で水分解・水素発生を高効率化 — 従来の10倍以上の効率を実現し,再生可能エネルギーの有効利用に大きく貢献 —
  • 薄膜機能材料研究分野
    Electron sandwich doubles thermoelectric performance
  • 人間数理研究分野
    匂いのかたちを捉える神経を発見 —ゴキブリは闇の中で見るように匂いを嗅ぐ—
  • 実験数理研究分野
    懲罰は「協力」よりも「報復」を引きおこす —囚人のジレンマ実験が示す協力のメカニズム—
  • 人間数理研究分野
    クモヒトデに学んだ、想定外の故障に「即座に」適応可能な移動ロボット
  • 光電子ナノ材料研究分野
    イオンのビリヤードで新しい物質を開発 —プロトン駆動イオン導入法(PDII)—
  • 薄膜機能材料研究分野
    青色LED材料を活かして,熱を電気に変換 —高性能な熱電材料のための新しい材料設計指針—
  • 光細胞生理研究分野
    生体組織の乾燥とブレを防ぎ、高解像度でのイメージングを実現する、新発想の観察試料作成技術「撥水性超薄膜ラッピング法」を確立 —研究者のノウハウだけに頼らない生体組織の観察試料作成が可能に—
TOPへもどる