ページトップへ戻る
研究内容

最近の研究成果

  • データ数理研究分野
    細胞などの要素間相互作用の関係性をデータ駆動的に解明 — データ科学的に困難であった要素間の主従関係を同定する有力な手法として期待 —
  • 光電子ナノ材料研究分野
    シリコン(Si)の同素体開発に新たな進展 — 太陽光発電やイオン電池等,籠状のシリコン同素体の特性を利用した応用開発に期待 —
  • 生体分子デバイス研究分野
    機械学習の停滞に関する新たなメカニズムを解明 —入力データゆらぎに誘導される停滞現象の発見により効率の良い機械学習系の構成へ期待—
  • 薄膜機能材料研究分野
    電気スイッチ一つで絶縁体を高温超伝導体に! — 電解液を使わない全固体超伝導素子の開発に大きな前進 —
  • エキゾティック反応場研究分野
    対称なナノ構造に生じるキラルな光の発現原理を解明 — 最先端の光電子顕微鏡を用いて生命の起源の謎に迫る! —
  • ナノ構造物性研究分野
    カイラルアノマリー公式の拡張 — Type-IIワイル半金属への適用に成功 —
  • 分子フォトニクス研究分野
    ミトコンドリアを狙い撃ちする癌光治療法の開発に成功 — 副作用の少ない癌治療を,ミトコンドリアに薬を運ぶ技術開発で! —
  • 人間数理研究分野
    皮膚疾患の病態再現を目指した表皮モデルを計算機上に構築 — 数理モデリングを用いた新しい皮膚疾患治療方法への応用に期待 —
  • 人間数理研究分野
    人間の触錯覚のメカニズムを数理皮膚科学によって解明 — 世界で初めて「魚骨触錯覚の消失現象」を発見,技術開発応用への期待 —
  • 薄膜機能材料研究分野
    常識を覆す!多結晶よりも熱が伝わりにくい単結晶を発見 — 低熱伝導材料を設計するための指針 —
TOPへもどる