ページトップへ戻る
研究内容

最近の研究成果

  • 人間数理研究分野
    皮膚疾患の病態再現を目指した表皮モデルを計算機上に構築 — 数理モデリングを用いた新しい皮膚疾患治療方法への応用に期待 —
  • 人間数理研究分野
    人間の触錯覚のメカニズムを数理皮膚科学によって解明 — 世界で初めて「魚骨触錯覚の消失現象」を発見,技術開発応用への期待 —
  • 薄膜機能材料研究分野
    常識を覆す!多結晶よりも熱が伝わりにくい単結晶を発見 — 低熱伝導材料を設計するための指針 —
  • 人間数理研究分野
    脚を失った昆虫は 歩行中の筋収縮リズムを変えて適応する! — 脚からの感覚フィードバックが脚間協調運動の鍵 —
  • 知能数理研究分野
    SARS-Cov-2 感染者数漸近予測の不確実性を解明 — 感染予測のためには慎重なモデル解析が必要 —
  • 薄膜機能材料研究分野
    過去最高の室温熱電変換性能指数を示す酸化物を実現—安定で実用的な熱電変換材料の実現に大きな期待—
  • スマート分子材料研究分野
    高導電性酸化還元型レアアースデバイスの開発に成功 —新たな仕組みによる発光色調変換型デバイス開発への貢献に期待—
  • 光電子ナノ材料研究分野
    究極透明ガラスの構造を解明 —量子通信の実用化への加速に期待—
  • 薄膜機能材料研究分野
    深紫外線を透過する透明なトランジスタを実現 — 全く新しいバイオセンサー —
  • グリーンフォトニクス研究分野
    二次元材料WS2のホットな電子がクールになるまで —次世代の光エレクトロニクス材料開発に向けて—
TOPへもどる