ページトップへ戻る
研究内容

最近の研究成果

  • 人間数理研究分野
    クモヒトデは触られた腕の二つ隣の腕の方向へ逃げる —腕の数の個体差から学ぶ,放射相称の歩き方—
  • 人間数理研究分野
    陸上と水中を自在に動き回るムカデから学ぶ柔軟な「身のこなし方」
  • 薄膜機能材料研究分野
    情報記憶素子の仕組みをのぞきみた! —次世代情報記憶素子の開発を加速—
  • 人間数理研究分野
    5本腕と6本腕のオオクモヒトデは「ふくらみ方」が違う —からだの形が,動きを協調させるデザイン—
  • 知能数理研究分野
    ノイズの伴う力学系で生じる異常拡散のメカニズムを解明 —流体・気象現象,経済・社会の輸送現象,生物集団の運動などで見出されることに期待—
  • スマート分子材料研究分野
    引っ張ると白い蛍光を出すゴムの開発に成功 —材料が受けるダメージの可視化に期待—
  • 人間数理研究分野
    コオロギはヒトと似た構造の耳をもつ —自然が生み出した最小・高感度・広帯域の聴覚器—
  • グリーンフォトニクス研究分野
    ナノ空間に光を2倍長い時間閉じ込める手法を開発 —検査精度の向上など医療応用に期待—
  • 光電子ナノ材料研究分野
    電圧により磁気キャパシタンス効果が増大する新現象を発見 —次世代超高感度磁気センサーとして期待—
  • 光細胞生理研究分野
    “短い周期の体内時計”を生む新たな脳領域を特定 —ウルトラディアンリズムの発生源を解明—
TOPへもどる